経営事項審査のP点とは

経営事項審査 経営規模等評価 経営状況分析 仕組み

経営事項審査の審査項目は、次の5つがあります。

X1 工事種類別年間平均完成工事高

X2 自己資本額および平均利益額

Z 技術力

W その他の審査項目(社会性等)

Y 経営状況

 

X1・X2・Z・W・Yの各審査項目それぞれに評点(点数)が付きます。

X1・X2・Z・W・Yの各評点を次の計算式にあてはめます。X1・X2・Z・W・Yのそれぞれの評点にウェイトを掛けて合計した数値が総合評定値P点となります。

 

総合評定値P点の計算式

(P点)=0.25(X1)+0.15(X2)+0.20(Y)+0.25(Z)+0.15(W)

※小数点第1位を四捨五入します。

※X1・X2・Z・W・Yのそれぞれの評点にウェイトを掛けて合計した数値がP点です。

 

ー各審査項目のウェイトー

・X1 工事種類別年間平均完成工事高 25%

・X2 自己資本額および平均利益額 15%

・Z 技術力 25%

・W その他の審査項目(社会性等) 15%

・Y 経営状況 20%

 

総合評定値P点は申請をした企業に対して1つの評点が付与されるのではなく、総合評定値の申請(請求)をした業種ごとに評点がつきます。

「土木一式工事」「とび・土工・コンクリート工事」「管工事」の3業種について総合評定値の請求をした場合、「土木一式工事」「とび・土工・コンクリート工事」「管工事」の3業種にそれぞれP点がつきます。

経営事項審査の総合評定値P点は、入札参加資格の格付けで使用します。

入札参加資格申請に伴う格付けの際、経営事項審査の総合評定値P点を客観点とし、自治体が独自に定める項目を主観点として、2つの合算で格付けが行われることが多いです。

 

経営事項審査に関する記事

経営事項審査|工事種類別年間平均完成工事高X1とは

 

経営状況Y点の審査項目に関する記事

経営状況分析のY点とは

純支払利息比率|経営状況分析Y-x1

負債回転期間|経営状況分析Y-x2

総資本売上総利益率|経営状況分析Y-x3

売上高経常利益率|経営状況分析Y-x4

自己資本対固定資産比率|経営状況分析Y-x5

自己資本比率|経営状況分析Y-x6

利益剰余金|経営状況分析Y-x8