経営状況分析のY点とは

経営状況分析 Y点

 

経営事項審査の評価項目の1つに「経営状況(Y点)」があります。

このY点を算出するための手続きが経営状況分析申請です。

経営状況分析申請は、民間の経営状況分析機関に行います。経営状況分析機関に書類を提出してY点を算出してもらいます。

自社のY点を算出するために、経営状況分析申請書や建設業財務諸表(建設業許可を受けた自治体へ事業年度終了後4ヶ月以内に提出する決算等届出書の中の財務諸表)、減価償却実施額を確認できる書類(税務申告書の別表16の写し)などの書類を民間の経営状況分析機関に提出します。

提出した建設業財務諸表の中の数値や税務申告書の別表16の中の数値を元にY点が算出されます。

経営状況分析が終了すると分析機関から「経営状況分析結果通知書」が届きます。経営状況分析結果通知書の真ん中あたりに「経営状況分析結果(Y)」の数値が記載されています。この数値は経営事項審査の際、総合評点P点を算出するために使用します。

経営状況(Y点)の経営事項審査総合評点P点に占める割合は20%です。

経営状況分析結果通知書は経営事項審査申請の際に添付します。そのため経営状況分析結果通知書は経営事項審査の申請前に受領している必要があります。

民間の経営状況分析機関は、この記事の投稿日現在で以下の10の分析機関があります。

 

ー経営事項審査の審査項目ー

経営事項審査 経営規模等評価 経営状況分析 仕組み

 

経営状況分析機関

・(一財)建設業情報管理センター

・(株)マネージメント・データ・リサーチ

・ワイズ公共データシステム(株)

・(株)九州経営情報分析センター

・(株)北海道経営情報センター

・(株)ネットコア

・(株)経営状況分析センター

・経営状況分析センター西日本(株)

・(株)NKB

・(株)建設業経営情報分析センター

 

経営状況Y点の審査項目

Y点の審査項目は、x1(純支払利息比率)、x2(負債回転期間)、x3(総資本売上総利益率)、x4売上高経常利益率、x5(自己資本対固定資産比率)、x6(自己資本比率)、x7(営業キャッシュフロー)、x8(利益剰余金)の8項目があります。

 

Y点の計算方法

Y点は2つの計算式を使って算出します。経営状況Y点の審査項目であるx1~x8の8つの審査項目において算出された数値をA(経営状況点数)の数式に当てはめます。

A(経営状況点数)=-0.4650×x1 -0.0508×x2 +0.0264×x3 +0.0277×x4+0.0011×x5 +0.0089×x6 +0.0818×x7 +0.0172×x8 + 0.1906(小数点第3位四捨五入)

Y=167.3×A+583 (小数点第1位四捨五入)

 

経営状況Y点の審査項目に関する記事

純支払利息比率|経営状況分析Y-x1

負債回転期間|経営状況分析Y-x2

総資本売上総利益率|経営状況分析Y-x3

売上高経常利益率|経営状況分析Y-x4

自己資本対固定資産比率|経営状況分析Y-x5

自己資本比率|経営状況分析Y-x6

利益剰余金|経営状況分析Y-x8

 

 

ー決算等届出書の作成提出・経営状況分析申請を代理します。ー

弊所では経営状況分析に必要となる建設業財務諸表や決算等届出書の作成と東青地域県民局地域整備部や上北地域県民局地域整備部などへの提出、民間の分析機関への経営状況分析申請の代理をします。

手続きの代理が必要でしたらお問い合わせください。