一般建設業許可を受ける際に必要なお金の要件「財産的基礎・金銭的信用」とは

建設業許可の一般の新規申請をする際は、要件の1つである「財産的基礎・金銭的信用」を有しているか判断するにあたり、次の点が審査されます。

申請直前の決算で自己資本額が500万円以上であること、または500万円以上の資金調達が可能であること

 

「財産的基礎・金銭的信用」があることを求められるのは、建設工事の適正な施工を確保するためや建設工事の施工に伴う公衆災害や労災災害が発生した際に適切な処理を行うため、ある程度の資金を確保していることが必要であると考えられているためです。

その最低限度の資金の水準として上記の金額が求められています。