建設業許可の要件|「誠実性を有すること」とは

建設業許可取得の要件の1つである「誠実性を有すること」とは、申請をする方やその役員、政令で定める使用人の方が、請負契約に関して不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者であってはならないことを指します。

「請負契約に関して不正な行為」とは、請負契約の締結や履行に関し、詐欺、脅迫、横領、文書偽造等の法律に違反する行為のことであります。

「請負契約に関して不誠実な行為」とは、建設工事の内容、工期、天災等不可抗力による損害の負担等について、請負契約に違反する行為のことでです。

さらに申請者が、建築士法や宅地建物取引業法で不正または不誠実な行為を行ったために免許などの取消処分を受けて5年を経過していないものである場合、誠実性が認められないこととなります。